砂金と言う歴史に魅せられ

初心者掘師むーの奮闘記+雑談

初堀は失敗の香り

2013年

 

 

ふと思い付きで砂金採りと言う遊びがしたくなった。

調べてみると日本の川は絶対量の差はあるものの砂金が混じっているらしい

 

クソ田舎の山の中に住んでいる私にとってその情報は絶好のチャンス

川なぞその辺に掃いて捨てる程ある!

そう思った私は砂金採りグッズであるパンニング皿

ターボパンを買い、川に行く事を決意する。

ターボパンを買った理由は、世界大会優勝とかなんとか買いてあったので(笑)

 

 

〜旅はみちづれ世はなんちゃら〜

 

ただ1人だと心細い

そう思った私は友人の1人、マッシュを誘う事にした。

マッシュはノリが良いのですんなりとパンニング皿を購入、同行を一緒にしてくれた。

 

向かう先は近所の某廃鉱山施設

昔は銅が豊富に採れたらしい。

記念館を見学し、トロッコに乗ってはしゃぎながら勉強をした。

 

この鉱山は銅の他に金も産出したらしく、その量と質は凄かったらしい。

私の親父がこの会社に勤めていて

昔、銅の精製途中で出た金を延べ棒にしていたのを見たと言っていた。

ほうほう

成る程成る程

ならあるな!(砂金)

 

記念館を後にし、目の前の川に降りる。

見渡す限り細かい石とたまに中位の石

今考えると砂金採りとか無理だろ!と思うような川

そんな川に半袖短パン麦わら帽子のバカ2人

意気揚々と川に突撃する。

装備はパンニング皿と庭にあった小さなシャベル

それだけ!

なんともロックな装備である。

もし、万が一砂金を採取してしまったら容れ物はどうするのか?など一切気にしない

当時は能天気だった。

 

〜3時間経過〜

 

採れない、暑い、飽きたの三重苦

金色の変な物はパンニング皿に極偶に残るものの、それが砂金かなんて分からない。

そもそもパンニングの仕方が分からない

グダグダである。

たまに川に来るおばちゃん達に何してるの?と聞かれ砂金採り!!と答えると微笑ましそうに笑っていた。

小学生くらいの孫の自由研究を見るおばあちゃんの眼だった。

 

 

〜ポイント変更〜

 

 

此処じゃ駄目そうだからポイントを変えよう!

そう言って変更し、着いた場所は崖だった。

このポイントは上流の方に精錬所がある川だ。

ポイント選びに特にこだわりは無い。

はるか下に見える川を見ながらマッシュが一言

「無理やろ…」

無理じゃないんだよ!やるんだよ!!

周辺を散策していると木にロープが結ばれているのを発見

それを頼りに川に降りる事にした。

 

無事降下成功。

川の水は澄み、クソ暑い気温を和らげている。

さっきの川と違い期待が持てそうだ!

そう思い川底の土砂を掬い、パンニングする。

小砂利、大量の砂鉄、なんか透明な石…

砂金は出なかった…

 

 

〜時間は経ち夕方〜

 

その日の帰り道はお通夜のような雰囲気だった…訳でもなく

砂金採りって難しいな!!

と笑いあって終了した。

正直、砂金の話題より晩飯を近所のラーメン屋さんで食うか、廃鉱山施設の近場にあるホルモン屋さん(店主が100近いおばあちゃん)で食べるかの方が盛り上がった。

 

晩飯はラーメンになった。

 

f:id:rocker01:20170713212128j:image

↑近所のラーメン屋さんの驚愕バターラーメン

 

これが私の砂金採りの第一歩である。