砂金と言う歴史に魅せられ

初心者掘師むーの奮闘記+大工道具関係

楽器修理(完)

前回配線を行いましたが

今回からは楽器の磨き上げです。

ここまで来ると少し安堵しますが、手を抜かず駆け抜けます。

 

 

 

 

ボディ裏

 

f:id:rocker01:20180602234212j:image

 

 

ボディトップ
f:id:rocker01:20180602234207j:image

トップは基本的にパーツを取り付ける前にある程度磨いていた方が良いです。

何故ならパーツが付いた後だと磨きムラが出ます。

 

 

ヘッド

f:id:rocker01:20180602234249j:image

 

ヘッドはペグを外し磨き上げます。

 


f:id:rocker01:20180602234225j:image

 

 

ここまで仕上がると壮観です。

次は弦張り&調整になります。

 

 

 

 


f:id:rocker01:20180602234230j:image

ナットの溝に汚れが蓄積していましたので軽くお掃除をします。

1F〜2Fとナットの隙間も余裕が沢山あったので少し削りました。

 

※このヤスリは各弦専用の特注品です。

一般の方は一切真似はしないで下さい。

最悪楽器に深刻なダメージを与える危険があります。

 

 


f:id:rocker01:20180602234245j:image

弦張りです。

弦を張るのも一手間加えたプロ仕様にしてます。

 


f:id:rocker01:20180602234241j:image

 

チューニングをして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:rocker01:20180602234237j:image

 

完成です!!!!

 

 

 

 

 

 

 


f:id:rocker01:20180602234233j:image 

 


f:id:rocker01:20180602234202j:image

 

ホントに30年以上前の楽器かな?というくらい綺麗になりました。

試奏もバッチリ!

中々なパワフルサウンドで自分好み(笑)

 

 

因みに磨く前↓


f:id:rocker01:20180602234217j:image

 


f:id:rocker01:20180602234220j:image

 

 

 

いやぁ、久々の楽器修理だったので緊張しました(笑)

あとはお客様の驚く顔が早く見れたら満足です